バイオリン

こんばんは。

かのん音楽教室 運営責任者の林こずえです。

今日はバイオリンのお話を。

バイオリンは様々な自然のものから出来ています。

バイオリン自体は、楓の木から作られ、

弓のここは貝殻が使われています。image310

弓の毛は、馬の尻尾が使われ、指があたるの写真の部分は昔はくじらのひげが使われていました。

image311そして弦。

今はスチールの弦ですが、昔は羊の腸で作られていました。

バイオリンってとても面白いですね!!

また、バイオリンは『音の出る箱』とも言われているんです。

バイオリンほど値段の差がある楽器もないでしょう。

下は19800円から上は10億円以上するものも・・・・・

まだまだバイオリンの興味深い話は、探せばもっと出てくるでしょう!

とても奥の深い楽器です。

みなさん、バイオリンを興味を持ち愛してあげてください☆

かのん音楽教室@東京

☆いいね&シェアお願いします

☆更新情報がいち早く届きます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + 5 =