良い音楽教室を見つけるには

~良い音楽教室を見つけるには?~

043

良い教室を選ぶポイントは全部で6つ。これらを総合的に判断して良い教室を決めることをお勧めします。

【技術力と経験】、【価格】、【サービス力】、【目的】、【音楽への愛情】、【評価】

【技術力と経験】

講師は音楽大学で演奏技術を学んだり、演奏会でのコンサート経験を積み講師となります。それぞれの講師が、どういった経歴をもち、どんな内容の仕事をしてきたのか、その中でその講師の持ち味や特徴は何か、探してみてください。じっくりさがせば、きっと自分の感覚に合う何かが、見つかります。

【価格】

料金をよく比較して、妥当とおもえる値段を選択しましょう。

同じ指導時間・指導内容なのに、なぜこんなに料金が 違うのだろうと不思議におもうこともあるかもしれません。一般的に、地域や施設費(教室環境やどんなピアノをつかっているか)に違いがあったり、また、講 師の卒業大学や師事した師匠などの違いよることが多いです。

【サービス力】

大切なのは、コミュニケーションをきちんととろうという意思があること。音楽教室に通う目的は何か、お母さんは教室に通わせることで子供にどう なってほしいのか、いままでの教室で不満だったことは何だったか等、受講希望者の話をよく聞いてくれて、それに常に応えようと努力をしているのかが、 チェックポイントです。レッスンを頼むお客様の意向を尊重し、最大限、その希望に応えようとする講師は、優れたサービス力をもっているといえます。講 師は、技術だけが売りではありません。生徒様の満足するサービスをとことん追及するのが、やはりプロの講師といえます。

【目的】

自分が講師に求めるものをひとつ決めることです。

厳しくてもいいからテクニック向上ですか?それとも、コンクールでの入賞?そうではなく、音楽を楽しみながら学ばせてくれることですか?または、子供に、習い事の中で継続的に学ぶ態度を身につけさせてくれること?受講者の第一番の目的が明確ではないと、お互いにストレスが生じ、音楽教室(講師)との間にミスマッチが起こるのです。

余計なストレスをかかえないためにも、あなた自身、まず習う目的をしっかりみすえておく必要があります。そして、そのいちばん大切な目的をかなえてくれそうな教室(講師)かどうかを、判断基準の1つにしてください。

【音楽への愛情】

音楽教室(講師)が、どれくらい音楽に愛情をもっているかも、とても重要なポイントです。

音楽に愛情をもっていれば、演奏はもちろん、たくさんの音楽を聴いているはずですし、常になんらかの形で音楽にふれる時間をつくっているもので す。そういう気持ちは、レッスンの際、受講者に、見えないところでいい影響を与えます。音楽に愛着をもっていれば、技術を超えて、感性のレベルで受講者 には伝わってくるのです。そして、そういう講師は、音楽の楽しさを、なんとか受講者に伝えられないかと常に努力、試行錯誤しているものです。好 きで楽しみたいとおもって音楽をはじめた受講者には、特にこの点が重要です。また、そのような音楽教室(講師)は、音楽についての知識と話題も豊富なはずです。そういったお話で盛り上がるひと時も、レッスンをより豊かに楽しくさせてくれます。
これらの愛情を感じさせる言葉や表現が、プロフィールから感じられるかどうか、チェックしてみましょう。

【評価】

評価欄には、レッスンをうけた受講者のコメントがのります。多くのコメントを参照することで、より客観的に、その音楽教室(講師)を判断することができます。

また、評価には、その講師の人柄や人間性に対する評価も含まれています。前もって、よい感じの教室(講師)だとわかっていれば、安心してレッスンを頼むことができますよね。

一番大切なことは、心から『良い講師と出会いたい!良いレッスンを受けたい!』と願うことです。

☆いいね&シェアお願いします

☆更新情報がいち早く届きます