グノーの『アベ・マリア』

こんにちは。

運営責任者の林こすえです。

今日は誰もが一度は聞いたことあるグノーの『アベ・マリア』について

グノーとは、『ファウスト』の他に美麗な旋律で人気で有名な歌曲『アベ・マリア』があげられますが」この曲にはある秘密が隠されています。

この曲はバッハの『平均律クラビィア曲集』第一巻の第1曲『プレリュードとフーガ ハ長調』のプレリュードの部分とよく似ている。

バッハのファンであればすぐわかることですが、偶然にしてはあまりにそっくり・・・・・・

実は『アベ・マリア』の伴奏はこのバッハのプレリュードをそのまま使っているのです。

つまりグノーはバッハ大先生の曲を借用したのです。

その上、グノーの『アベ・マリア』は歌詞もあり字なるではないのです。

聖書のルカ法から引用したものなのです。

つまりグノーは伴奏も歌詞も借り物・・・・自分で作ったのはメロディだけ。

今日であれば、間違いなく問題になりそうですが、その当時は珍しいことではなかったようです。

あのベートーベンでされ、使いまわしの技法を用いて作曲したとか・・・・・

うまく効果的に借用するのも才能のうちなんですね~

かのん音楽教室@東京

☆いいね&シェアお願いします

☆更新情報がいち早く届きます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + five =